2005年11月10日

モーレツにカンドーしたのだ。

(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

こんな感じです。

images609708.jpg 知ってますか、このおっさん。

歳は50ぐらいかな、ちょいフケ顔ですけれど。

スティーブ・ジョブスという方です。
ディズニー映画「トイ・ストーリー」や「モンスターズインク」など
CGアニメの製作会社「ピクサー」のCEOで

そう、

アップルコンピューターの創業者

現CEO。
数年前にもうだめだ状態のアップルを「iMac」のヒットで救済し、
今や「iPod」の大ヒットと音楽配信事業で、高いブランド力を作り上げた
経営者です。

アメリカの大学では卒業式に財界や政界などの有名な人を招いて
卒業祝賀スピーチをするのが恒例らしく、
そのときにどんなスピーチをするのかに世間の耳目も集まるんだそうです。
テレビ中継もしてるんだよ。

今年、スタンフォード大学にジョブスは招かれ、
そこで卒業生にむけてスピーチをしたのです。
その内容が…

 大感動ものっ

だったわけです。
詳しくはぜひ、ここで読んで欲しいのです。
 
波瀾万丈な人生を振り返りながら、
これまでさまざま歩んできた経験を「点」と比喩し、

「点と点を結んで」

未来をつくる、という話には
本当に

勇気  が湧きました。

今、ぼくもこれまで慣れ親しんだ世界から、
先の見えない道を歩いていて、
時折、とても不安になることがあります。

「君たちの時間は限られている。
 だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。
 ドグマという罠に、絡め取られてはいけない。
 それは他の人たちの考え方が生んだ結果とともに生きていくということだからね。
 その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。
 自分の内なる声、心、直感というのは、
 どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。
 だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。」



…ジーン。(; ;)ホロホロ


そして最後に彼はこう結びます。

 「STAY HUNGRY, STAY FOOLISH」

「ハングリーであれ、馬鹿であれ」。

これが社会にでる学生たちに送る彼の言葉です。



ようし、わかったあ!

その言葉に応えて
新しいiPod、買うよ!

なんちゃって。
…オラも、あんな気の利いたこといえる大人になりたいもんだ。


スティーブ・ジョブス、スタンフォード大学卒業祝賀スピーチ

未来に不安を覚えたときには
ぜひ、ご一読を。

ちなみに、すごい数のトラックバックですぜ、あそこ。
ぼくもこっそりしちゃいましてけど  (*^▽^*)ェ
posted by che Katsuto at 00:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 新しいことって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スティーブ・ジョブズの感動スピーチ
Excerpt: 少し前のことになりますが、2005年6月12日に行われた米国スタンフォード大学(Leland Stanford Junior University)卒業式でアップルコンピュータ社の創立者のスティーブ・..
Weblog: 我ら、地域の仕掛け人!
Tracked: 2005-11-10 19:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。