2005年10月30日

どーしても試したいこと

なかなか進まないシナリオ作業。
そーゆー時に、ぴゃーとヒラメかせる方法の一つに

音楽を聴く

音楽によって、

突然イメージが湧いたりする

ことってありません?

今回、シナリオを書きながら
先行して、あるバンドの音楽が
ずっと脳裏にあります。

その名も

KOH-TAO(コータオ)

はやり言葉で言えば「癒し系」「エスニックサウンド」。
実に心地よい音楽です。

「自作のカリンバを中心にアフリカやアジアの様々な民族楽器で独自の音世界を創りだすエスニックアンサンブルユニット“KOH-TAO”(コォタオ)。の最新アルバム。
 それぞれの旅の中で出会った様々な楽器や音楽が国境を越えて共鳴する今作はトラディッショナルにとらわれず、どこかメロウで日本的な柔らかさが滲む作品です。リミックスで参加したBAYAKAは"Off Shore"をレゲエ/Dub/HipHop/的なサウンドスケープを描く最高にクールな作品を聴かせてくれます!
 ワールドミュージック、アンビエント、エレクトロニカ、ダブ、ロック、ニューウェーブなどのジャンルが好きな方は必聴です!」

ホームページから引用しちゃった。
最新作「Rhythm of Paradise」の宣伝文です。
今年はフジロックや愛知博にも参加したらしいよ。


ぼくはメンバーの一人BUNさんと
時折メールなどのやりとりをさせていただいているのですが、

今回の映画で是非使ってみたい!

出会いは、運命的でございました。


今を去ること数年前、
多摩川河川敷でライブをやっていたのを偶然聞いて、
民族楽器を使った、その音が忘れられず、
バンド名さえ知らず、手を尽くして、昨年やっと探し当て
「是非会いたい」とお願いしてからのおつきあい。


…ごり押し?
むぼー?

ま、そーゆー出会いさ。
それでもBUNさんと連絡取り合い、
昨年、彼の主催するカリンバ教室まで行った。
ずごい単純な楽器で、誰でも弾ける楽器らしいんですけど
ぼくはうまくできなかったね。
なぜなら、

比類なき超音痴。 <(`^´)>エッヘン。


ま、それはともかく
彼らの音楽を聴いていると、

 シーンやセリフが湧いてくる

ほんとッス。
確かに言われてみれば「癒し系」というカテゴリーなんですけれど
僕の耳には

「アクション映画のBGM」

に聞こえるんです。
セカンドアルバムの中の「水龍」なんて、
今回の映画にぴったりなんだけど。

…やっぱり、音痴かな? 耳、腐ってる?


でも、音楽好きなあなた、是非、聞いてみてね。
本当に、気持ちいいから。

ちゃお ヾ ^_^



posted by che Katsuto at 02:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・映画音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。