2007年08月06日

幸せを実感しています

今、ロスは夜中の2時過ぎ。
今日もものすごくすてきな出会いがありました。

前々から師匠とあがめている、


新潟の農家、石附さんのご友人と
会食をし、大いに盛り上がり、
さっきまで飲んでいました。

そのかたはKUNIさんといって、
もう20年、こちらで商売をされているかたで、
今回のロス訪問で一番お世話になっている方です。

いくどかメールでやりとりをさせていただいて、
どんな方なのかよくご存じあげなかったのですが、
お会いしてすっかり意気投合してしまいました。

やはり日本を離れているせいか、
ものの見方がとてもグローバルなのです。
映画の話から、お米の話、世界情勢の話などなど、
6時間ちかく語り合い、
時のたつのを忘れるほど楽しかった。
大げさな言い方ですが、

 「人生でもっとも楽しいことは、
  分かりあえる人と出会えること」

だと、つくづく感じました。

今回の旅では、
ケンジもぼくもそんな出会いがたくさんあって、
それは日本人だけではなく、
国境を越えて人種もないことを痛感しています。
自分の価値観や人生観が
その人と同じであった瞬間、
言葉を重ねなくても握手ができる。
それは、お金では買えない、
なによりも大切なものだと思うのです。

 「アメリカのほうが」

と、KUNIさんはいいました。

 「浪花節が生きている気がしますね」

苦しいときに支え合える仲間を
人生の宝と信じる。
見返りを求めず、
助け合える仲間を作っていく。
まさに村田君の紹介してくれた仲間は
そんな連中だったし、
村田君もまたそういう人間です。
そこに僕たちも混じらせてもらい、
そんな関係をすこしづつ広げていく。

今回のアメリカ旅行では、

 「人とつながりあう」

この、どこか、一番求めていたものを
得られたことが、最大の収穫でした。

映画作りはけして一人ではできません。
映画だけでなく、どんな仕事でもそうですし、
これから何かやろうと云うときに、
同じ夢を共有できる仲間こそ、
人生の宝だと、心から思ったのです。

 「お金は自分のものじゃないんだと思う」

KUNIさんはアドバイスしてくださいました。

 「お金は世の中から預かっているだけだからね」

人はあの世にお金を持っていくことなんかできない、
死ぬときはなにも持たずに死ぬのだから、
お金は人生の一番ではない。
一番は仲間であり、それは人なのです。

KUNIさんの言葉に、
ぼくはとても大きな勇気を頂いた気がしました。
そして、こんな素晴らしい出会いができていることを、
これまで人生で出会った人みなに感謝したい気分です。
ぼくは今、すごく幸せなんだと改めて
実感しています。

アメリカ滞在も残すところ、あと一日。
明日も新しい人と出会います。
どんな人と、どんな夢を共有できるのか、
本当に楽しみです。


posted by che Katsuto at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しいことって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。