2007年08月05日

こんな気持ちのよい日もある

村田君の紹介で、
ロスで活躍している映画人たちと
飲茶を楽しみました。

学校などで知り合った仲間だそうですが、


もうこの世界で活躍している人ばかりで、
忙しい時間を割いて集まってくれました。

映画大国ですね、
やっぱり世界中からあつまってくるんだなあと、
みな国籍がバラバラ、
アメリカ人だけでなく、台湾、香港、ノルウェー、
日系米人と国際色豊かでした。

半分が撮影監督で、半分が監督。
みなまだ若く、まさに売り出し中の人たちでした。
彼らから聞く、ハリウッドの映画事情は
本当にオモシロかったです。

 「あの監督は気むずかしくて、撮影監督をすぐに
  クビにするんだ」
 「かれとの仕事は本当に楽しいんだ」

など、有名な監督のエピソードや、
撮影現場の話はすごく興味深かったです。

何よりも
いま最前線で働き始めた彼らが、
口をそろえて

 「卓次のためなら何でもするよ」

と、村田君を本当に信頼しているのです。
なかには、今日のためにサンフランシスコから
数時間かけて来てくれた監督もいて、

 「彼は本当に天才だよ!」

と教えてくれました。

学生時代から一緒に学び、
苦しい時代を乗り越えた仲間なのでしょう、
売れ始めた今も、
仲間を大切にしている彼らの姿に
ぼくはとてもうらやましくなりました。

 「これでみんな仲間ですから、もう直接つながってください。
  それで仕事がうまくいけば、自分のことのように
  ぼくもうれしいんです」

この人格がきっと国を超えて、
人に愛されているんでしょうね、村田君は。

いい出会いができたなあと、
気持ちがよくなったついでに、
ドジャーズスタジアムで野球観戦。
ドジャーズ対ダイアモンドバックス戦で、
ドジャーズは負けましたけど、
めちゃくちゃいい試合でした。
観客の盛り上がり方が試合の流れと一緒に
いい応援となって、
本当に楽しかったです。
なにより、客席にハリソン・フォードがいたのに
興奮してしまいました。
やっぱ、ハリウッドだなあ!

気持ちのよい人と出会い、
気持ちのよいスポーツ観戦を楽しむ、
なんか、とてもハッピーな気分の一日でした。
だから生きてるって素晴らしいって感じ?

posted by che Katsuto at 17:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しいことって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。