2016年03月02日

有楽町で逢いましょう!

キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─!!

のっけから興奮してます。
興奮いまだ覚めやらず。

先ほど、TOHOシネマズ日劇に行ってきました。
3日後に初日を控え、
本編のサウンド・チェックに行ってきたのであります。

IMG_6584.JPG

日劇のドアをくぐったのは、
一体何年ぶりのことかしら。
昔は、


この映画だけは!というものは、
ココに並んで観てました。
ぼくたちの映画がかかるスクリーン2に入って、
あらためてびっくりした。

 でかいっ!

スクリーンも客席も、

 めちゃくちゃデカイっ!

IMG_6587.JPG

なんども足を運んだはずなのに、
こんなに大きかったか!?
最近は新しいシネコンでばかり映画を観ていた。
そこでもけっこう大きなスクリーンで観ていたはずなのに、
ここの大きさは格別に大きく感じました。
客席数も660を超えるって、
ほんとに広い。

IMG_6588.JPG

サウンドチェックが始まって、
ぼくらの興奮はマックスになった。
というのも、
ここのスクリーンは今の新しいスクリーンと違い、
両サイドにカーテンがあるのです。
このカーテンというのが、
昭和生まれのぼくとしては、
実に大事な要素。
予告編やCMが流れた後、
がーーーーーっとカーテンが開くとですね、

 「映画が始まる!!」

という期待を最高潮に上げてくれるわけです。
それがここにはある!

場内が暗くなって、
カーテンが開いた瞬間、

 おおおおおおおお!

映画じゃないか!!
思わず口走ってしまいました。
目いっぱいに広がったスクリーンに、
ジャングルウォークのロゴが出た時は、
うちのスタッフのトシキは、

 「震えがきて泣きそうになりましたよ!」

と。
ケンジも僕も同じだったんですけどね。
実はここだけの話、
これができるかもしれないと思って、

 シネマスコープ・サイズ

で撮影したところもあったりなかったり。

冗談はおいといて。
こんな大劇場で、
まさか2作目の自主映画を
かけてもらえるなんて夢をみているようです。

ここで、どうしてもお伝えしたい。

 ぜひ、日劇で観てください!
 素晴らしい劇場です! ホントです!


この体験は、
他の劇場ではなかなか味わえない気がします。
なにより、
二度とこんな素晴らしい劇場でかかることはないでしょうから!
ホントよ!

こんな素晴らしいオープニングを
迎えさせていただけることに
少しでも応えるべく、
前作でもやりました、

 チラシ配りやります!

 日時 あさって3月4日
 場所 有楽町駅前の交通会館前

僕たち兄弟とスタッフでチラシを配り、
ひとりでも多くの方に
映画を観ていただこうと思っております。
あさ10時頃から、夕方17時半ぐらいまで、
有楽町駅前におりますので、
お時間のある方は
遊びに来てくださいませ。
もしかしたら、

 主演の藤本涼さんも来てくれるかも!

IMG_6583.JPG

あさって、そして明明後日、

 有楽町で逢いましょう!!







 

 
posted by che Katsuto at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 配給・宣伝活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。