2016年02月18日

魅惑の女性二人(前編)

「フローレンスは眠る」、
公開まで2週間強に迫ってきました。
先日うちの事務所で、TVの取材がありました。

IMG_6553.JPG

取材を受けてくださったのは、

前田吟さん。

IMG_6554.JPG

この日、前田吟さんへの取材は
テレビを始め、雑誌、新聞、ウェブ媒体など
たくさんのメディアが集まってくださり、
午後から夜までの長時間にわたりました。
前田さんはわざわざうちの事務所に来てくださり、
最後まで映画の宣伝をしてくださいました。

ぼくらももちろん、
たくさんの人に観てほしいと願っているわけですが、
それには宣伝が欠かせません。
でも、正直なところ、
どうやって宣伝していいのかわからない。
とにかく、こういう映画があるんだ、と知ってもらう、
「フローレンスは眠る」という映画の存在を
知ってもらわねばなりません。
それがファーストステップ。

そこで今回は、

 宣伝のプロフェッショナル

をお願いしました。
そう云う仕事があるということを
実は始めて知ったんですけど。
お願いしたのは、

 MUSA(むさ)

という会社で、
女性二人でやっている。

 社長の篠(しの)友子さん
 相棒の廿樂(つづら)未果さん

のコンビ。
はじめてお会いしたときホンマに驚いた。
とにかく、

 パワフル!

ぼくもいままでいろいろな方に出会いましたが、
男女含めて、
これほどパワフルな人間に出会ったことはない。
邦画を専門に宣伝の仕掛けをされているそうですが、
年間で何十本も担当されているとか。
たったふたりで!

 「去年、完全オフ休みは10日間ぐらいかなあ」

IMG_6555.JPG

前田吟さんの取材の仕掛けも、
このおふたりの仕事です。
前田さんに先立ち、
桜井ユキさんも取材を仕切っていただき、
その時も10社をこえて
各メディアがあつまって下さった。
恥ずかしながら、
僕ら兄弟監督にも取材があって,
数社集まってくださり、
半日間しゃべり続けさせてもらいました。
そのとき、
宣伝させてもらえることはとても有り難かったけど、
同じ話を何度もするって
体力的にも結構たいへんなことを知った。
だからこの度の前田吟さん、
桜井ユキさんは相当大変だったのではないかと。
そう思うと、映画にかけてくださるお気持ちに、
ただただ感謝しているのであります。

おそらく来週あたりから、
いろんな記事やニュースが出るのではないかと
思われます。
各メディアの方々のほうで、
ボツにならない限り。

こうした機会をえられたのも、
篠さん、廿樂さんお二人が、
東奔西走してくださっているおかげ。
加えて、
宣伝配給について無知なぼくたちへ
日々、手取り足取りの指導をしてくださっている。
当然、今の映画事情にも精通しておられ、
その辺の話がやたら面白い。
お二人の話は、
また明日!
でも、二人の魅力を言葉で伝えるのは
かなり難しいんだよなあ。



posted by che Katsuto at 13:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 配給・宣伝活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。