2012年07月29日

福井コロナワールドで、鍛えられたか!?

今日が、今回のキャラバン最後の宣伝活動。
福井コロナワールドで舞台挨拶に臨みました。

これまで何度も書いてきましたが、
ちょっと舞台裏の話。

写真 (73).JPG

ひとことに舞台挨拶といっても、


僕たちの場合は、挨拶だけでなく、
映画の撮影裏話から、お客さまからの質問に答えたり、
大垣さんのミニライブをおりまぜて40分間ぐらいやっております。
そのためには、マイクをを始めとする機材も必要で、
実はやるたびにいろんなことがしたくなって、
PAだとかスピーカーだとか照明、
はたまた大垣さん用にキーボードまで揃えてしまいました。
これが結構な荷物。
その上、専門職の人ではなく、
すべて自分たちでセッティングし、
操作までやっております。

写真 (75).JPG

はじめはアタフタしておりましたが、
このキャラバンで毎日やったお陰か、
なんだかそれぞれが出来るようになってきた。
トシキなんか、音声のバランスをとるPA卓なんぞ
いっちょ前の顔して触っております。

写真 (74).JPG
<入場前の劇場で音のバランスを聞く図>

写真 (76).JPG
<照明の具合を調整しているの図>

この日も多数のお客さまにご来場いただき、
みな感謝しております。
しかし、宣伝できるのも今日まで。
まだ時間はあるだろうと、
ショッピングモールのイベントスペースで、
宣伝のためのミニライブも開催しました。

写真 (77).JPG

劇場の方やモールの方も全面的に協力をしてくださるので、
気合が入ります。

写真 (78).JPG

さすがに日曜日。
人通りも多く、
大垣さんが歌い始めると、
たくさんの方々が足を止めてくださる。
そこをすかさず、
チラシをお渡しする。
これ、実に受け取って貰える確率が高い。

 「へー、歌手なんですねー」

みな、歌を聞きながらも、
渡されたチラシを熱心に読んでくださるので
とてもやりがいがあります。

舞台上で大垣さんが映画についてのトークをし、

 「後ろでチラシを配っているのが監督です!」

といってくれると、
またこれ、みなさん驚いてくださるのが、
けっこう効果的。

写真 (79).JPG
<チラシを手渡す兄弟監督、弟ケンジ。アルバイトをしているホストではありません>

これまで、チラシ配りだの、
生予告、そしてミニライブと色々な宣伝方法をやって来ましたが、
このミニライブつき宣伝はパフォーマンスがとても高く、
映画を知ってもらう、
興味を持ってもらうことには効果的だな、と感じました。
それがこの二週間の上映で、
動員に繋がるのかは分かりませんが、
手応えとしては、来てもらえそうな気がしてるんですよ。

写真 (80).JPG

うちのスタッフも要領を覚えて、
今日などはもう何も指示しなくても
自分で動いてくれてます。
とても心強い存在になってきました。
やっぱ、この一週間の経験は大きかったです。
ということで。

 岐阜県大垣市のみなさん、
 福井県福井市のみなさん、
 お騒がせして、大変申し訳ありませんでした。
 「369のメトシエラ」8/10まで、
 コロナワールドで上映しておりますので、
 なにとぞ、
 ご来場いただけますようお願い申しあげます!

 
明日、東京に戻ります。
機材の撤収を終えて、
食事中に

 「西日本の興行は全部で50ステージやるか!」

というケンジの一言に、
皆、固まったね。
うーん、11箇所。
一箇所、5ステージで55。
やればきっと効果あるわけで、やりますけど、
…けっこうあるよねえ。
ちなみに。
大垣さん、体力つけるため、
走り込みはじめるそうですよ。

写真 (81).JPG







posted by che Katsuto at 22:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 配給・宣伝活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、エルパで17:15からの宣伝&生ライブ見させていただきました。

色んな情報誌から映画館での舞台挨拶があることも知っていましたが、予定が立て込んでいて見に行けないと思ってました。

それが偶然この時間に立ち寄ることができて映画のお話と、大垣さんの歌と、そして監督さん弟さん・・・と皆さんのお顔まで拝見することができて光栄です。

実際に俳優さんを見て、監督さんたちの姿を見て、きっと全国の皆さんに伝わるだろうなとおもいました。

夢は夢でなくなると感じました。

おうえんしています。(^O^)/
Posted by ごしま のりこ at 2012年07月30日 09:39
>ごしま のりこさん
そう言っていただけると、やった甲斐がありました!
やはりかようなことをおっしゃっていただけると、とてもありがたくうれしいです。
今度は劇場のスクリーンで、大垣さんの俳優としての顔を楽しんでいただけたら!
Posted by che at 2012年07月30日 10:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。