2006年10月13日

リカヤ・スプナーさんのこと

外国人タレントや翻訳スタッフを抱える
稲川素子事務所というところがあって、
そこのスタッフ兼所属俳優に

 リカヤ・スプナーさん

という人がいる。

このたびの映画でも
外国人のキャストが予定されているので、
こちらにお願いをしているのだが、

それが縁で、
リカヤさんとおつきあいが始まった。

もともと、マネージャーさんと思っていたのだが、
聞けば自身も俳優さんで映画にも出演している。

こちらの映画「ちゃんこ」では準主役、
今月も新しい映画に参加される。
テレビの出演も予定されており、
その忙しい中を先日、
ルーキーズスタジオのワークショップに参加してくれた。

すでに俳優として活躍もしているのだが、
わからないことも多く、
もっと勉強がしたいのだという。
えらいものだ。
この日も発声練習から参加され、
エチュードに汗を流していた。

ところが驚くことに、
俳優だけに収まらず、
マネージャーという仕事をしながら、
さらに!
自分でもさまざまな企画を立て、
創作活動を続けているという。

この14日も、
ここでイベントを開催するという。
ちょっと抜粋…

 10.14(Sat) <第三回雑処ノ熊>
 OPEN 18:30 / START 19:30
 前売¥3,000(+1drinkから)/ 当日¥3,500(+1drinkから)
 【MC】リカヤ・スプナー(異端の鬼畜俳優)/ 月花(残酷天使)
 【出演】げるまにうむふぁず(癒し激ミュージック)/
   西麻布ヒルズ(色物最終兵器)/ ちむりん(やさしい性教育)/
   OFF人(コズミックファンキーバンド)/ デビッド(心に届くエモー
   ショナルVOICE)/ キャラメルマシーン(ガリガリハイテンション)/
   ちむりん(やさしい性教育)/ 泰造(都会に堕ちた白い異形)/
   すっぽん大学 / あーちゃん(最強レボリューション)/
   ささきひろみ(オバタリアンラッパー)/
   no diggity(Sexyyyyy Poledancer)/ ロメダ霧島 /
   EINGEZOGEN GESTALT(狂乱の伝道師)

 ●数々の映画で特異な存在感を放つリカヤと、日本のアンダーグランド界で
  TOPの座を誇る月花様が手を組んでお届けするのが、
  大人の為のバラエティーショー「雑処ノ熊」だ。
  ラインナップを見ても分かるように、バンドからお笑いからダンスから、
  まるで統一性の無い面々が一堂に介しハイクオリティーな
  パフォーマンスを繰り広げる国内最大級の贅沢なイベント。
  自信を持ってお届けする、今年最高のエンターテイメントショーを
  よろしく!


 「リカヤ…あの、この『鬼畜俳優』ってなに?」

そうたずねた僕に、
リカヤは謎の笑みを浮かべて答えない。

 彼に深入りしたらまずいか!?

と、防衛本能が働きかけた時、
彼がごそごそと鞄を探り始めた。
そして取り出したのが、
数枚綴じたA4コピー。

 「実はぼく、映画撮っているんです」
 「え?」

渡されたのは数ページの長さで、
ショートフィルムのシナリオ。
表紙にはタイトルと

 「企画/監督/脚本 リカヤ」

とある。

 「すごいじゃない!?」
 「デジカメで低予算なんですけど」

自分でお金を用意し、
全部、手弁当で製作しているのだという。
ぼくはすっかり感心し、
同時に自分を恥じてしまった。
ぼくはリカヤさんに比べれば、
映画製作をするに理想的な環境にありながら、
いまだに取りかかれないでいる…。
自分で映画を企画し製作するということは、
たとえショートフィルムであっても、
そのエネルギーは並大抵のものではない。

ワークショップでは、
リカヤさんも鬼畜ではなく
まじめに懸命に演技をされていた。
目前にイベントを控え、
映画とテレビの仕事と
マネージャー業務をこなし、
その上で自主映画を作りながら、
うちのワークショップにも参加しているのだ。

このエネルギーはいったい
どこからくるのだろう?
汗をかいて稽古する彼を眺めながら、
心の底から感心してしまった。
本当に見習わなくてはならないのは、
実にこうした姿勢なのだ。
ルーキーズスタジオのワークショップで
一番学んでいるのは、
やっぱり僕かもしれない。

そして、今日
リカヤさんに渡されたシナリオを読んだ。

 面白い!

これはかなり期待できるのではないか、
と思わせるシナリオだった。
わかりやすい話だし、
映像の演出が楽しみな作品だ。
ご本人の了解を取っていないので、
内容には触れないけれど、
機会があれば見たいし、
是非ごらんいただきたい。
心優しい世界が広がっておりまする。

僕の中で、
リカヤさんはチェック人物のひとりに
ランクイン。
…でも、
鬼畜なところは、
…o(;-_-;)oドキドキ♪

タグ:映画
posted by che Katsuto at 02:07| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 新しいことって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張って!
Posted by 有楽町の黄昏 at 2006年10月18日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25356187

この記事へのトラックバック